肌 若返り ストレス 睡眠不足

肌の若返りを阻むもの→老化の原因

肌の老化は、加齢によるものと、外部の刺激によるものとがあります。加齢によるものは、一般的に年齢が上がるにつれて、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンといった成分が減少してシワやたるみ、ターンオーバーが遅れ始めて肌のごわつきやシミ、くすみが目立つようになり、若返りを阻みます。

 

外的要因は、紫外線、タバコの煙など、有害物質、ストレス、睡眠不足などの刺激です。外的要因が細胞にダメージを与えるフリーラジカルという酸素分子を作ります。

 

フリーラジカルは、私たちの体が呼吸や、消化などを毎日行うことで発生する、活性酸素です。フリーラジカルは電子をひとつ失った非常に不安定な反応しやすい酸素分子です。

 

フリーラジカルは、失った電子をほかの分子から奪い取ってしまいます。その結果、他の健康な分子や電子を傷つけ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等、若返りの成分の減少、変性をおこします。

 

これらの肌トラブルをさらに加速させるのがフリーラジカルの過剰な発生です。紫外線、睡眠不足、ストレス、といった外部の刺激が、フリーラジカルを過剰に発生させるのです。

 

また、その過程であらたなフリーラジカルが発生するという、連鎖におちいり、コラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞の減少、変性もさらに進み、ますます老化が加速することになってしまいます

 

このフリーラジカルを除去する働きをするのが抗酸化物質です。抗酸化作用は、もともと体内にあるのですが、加齢とともに減少し、生み出される細胞よりフリーラジカルで分解される細胞の方が多くなるため、肌の細胞がダメージを受けつづけ、老化がおこります。

 

→ さらにフリーラジカルを除去する抗酸化物質についてもっと詳しく読む 

フリーラジカルを発生させる外的要因

紫外線
一番の原因は、紫外線です。皮膚の分子が紫外線をあび、フリーラジカルが活性化するのですが、紫外線は、生まれた時からずっと浴び続けているので、そのダメージが蓄積されています。

 

浴びてしまった紫外線をないものにすることはできません。これから浴びる紫外線をできるだけ少なくすることで、フリーラジカルの発生を阻止していきましょう。

 

ストレス
ストレスは、肌荒れやくすみ等の肌のトラブルばかりか、不眠、下痢、胃痛なども引き起こします。ストレスでフリーラジカルが活性化したり、ホルモンのバランスが崩れたりするためです。

 

現代社会において、ストレスは避けることは不可能でしょう。ストレスが日常になってしまって、感じていない場合さえあると思います。慢性化したストレスは、肌のトラブルとなって表れやすいものです。

 

肌の調子が悪くなったら、ストレスが原因かもしれない、と考えてみましょう。原因が分かっただけで、改善される場合もあるようです。ストレスと自覚したことで、発散の方法を見つけたり、気持ちがすっきりしたりするためかもしれません。

 

あれこれ考えこまず、きちんと食べ、適度な運動をしたり、ゆっくり眠るといった生活で気持ちをリラックスさせましょう。気分から若返りをはかる、香りを取り入れるのも良いようです。

睡眠不足

肌の再生、ターンオーバーは、基底層で新しい表皮細胞が作られ、古くなった細胞が上に押し上げられて、やがて角化しアカとなって剥がれることで、肌が若返りをしています。

 

20代では約28日と言われていますが、加齢でどんどん遅れていきます。40代では40日とも言われています。表皮が厚くなってゴワゴワしたり、くすみやシミが目立つようになります。ハリ、弾力も失われ肌の老化が進みます。

 

フリーラジカルのダメージで、表皮の肌バリアが傷つくと、修復しようとターンオーバーが早まります。睡眠不足も加わり、十分な時間をかけて作られていないので、未熟な表皮細胞がどんどん生成され、ますます肌バリアが機能しなくなってしまいます。

 

ターンオーバーは、寝ている間に起こります。睡眠中は脳の活動が休止しているので、血液が皮膚や内臓にいきわたり活動が活発になるからです。だからと言って、寝だめはできません。一日中寝ていても、その間ずっとターンオーバーが行われているわけではありません。

 

睡眠不足はホルモンバランスも乱します。生活環境や仕事関連等で難しい部分もあるかもしれませんが、睡眠環境は、工夫すれば改善できることがたくさんあると思います。

 

睡眠は最初の3時間が特に眠りが深く、この間に成長ホルモンががたくさん分泌されます。眠りのリズムを整え、体内時計を乱さないように、可能な限り、毎日決まった時間に就寝するとよいでしょう。

  • 最低6時間、できれば12時前に就寝。
  • 寝る前にTVやパソコン等、脳を刺激するものはみない。

質の良い睡眠を規則正しく取ることが、フリーラジカルの発生を抑え、ターンオーバーを正常に行うために大切です。

まめ知識
睡眠不足は肥満につながる?

  • 睡眠中に分泌される成長ホルモンは、脂肪の燃焼を促進する働きもあります。規則的な睡眠に改めただけで中性脂肪や体重の減少、血糖値が下がることもあります。